スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・エドガー


J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/02)
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る



伝説のFBI長官フーバーを題材にした作品だから一応見ておこう…と買ったものの、長らく積みディスクとなっていた一枚。このたびようやく見れました。

公開当初、友人に「これ見たいんだよね~」と言ったくせして、じゃあ見に行く? と誘われた時にはきっぱりと「いや、ぜったい退屈だろうからいい」と断ったのは正解だった。中盤まで退屈で退屈で、映画一本見るのに二晩かかったことはナイショだ!(だれに) 余談だけどその際「裏切りのサーカス」も誘われたけど、同じく即答で断った。正解正解、大正解w
だってどっちも、時間のある時にゆっくりと、夜中に一人で、自宅のテレビで見たほうがいい系作品なんだもん~。
嘘アクション満載のキスキスバンバン的なスパイ映画じゃなくて、史実に基づいた重厚な一作とか、真のスパイ像を堅実に描きました! みたいなものは、もーホントに地味なんだよね。それが「本当のスパイ映画」だから仕方ないよね。諜報活動、目立ってどーする。スパイはクレムリンなんか爆破しないよ、列車の屋根の上で格闘しないよ(笑)。
類似品に「グッド・シェパード」なんかがあります。寝不足の日の鑑賞は避けましょう^^;
(でも私はどれもみんな好きな作品だけどね! 特にグッド・シェパード)

えーと、なんの話だ。そうだ、Jエドガーだ。

つまりこの作品もその手の、「本当は地味で退屈な諜報の世界」であり、スパイそのものに愛がない人にとっては「なにが面白いのかぜんっぜんわからん」「そもそも話が理解不能」な一作なんだけど……、

ちょっとおくさん! J・エドガーだけは違いましてよ!



なんとびっくり、普通にホモ映画だったよ。



ディカプリオの特殊老けメイクがどうとか、演技がどうとか、もうそんなことどーでもえーわw

ディカプリオとアーミー・ハマーのキスシーンが見たい方にのみオススメする一作。
老いてなお美しい(?)ホモって珍しかった。
あー、ええもん見た(笑)。
(でも話はつまらない。注意しておく。……したからね!w)




追記・
Amazonレビューによると、この手の作品は「本格社会派ドラマ」というらしい。地味系スパイ映画とか勝手によんでてすみません…^^;
(でも好きなんだよ! ほんとだよ! 特にグッド・シェパード)(くどい)

追記2・
そんで今更ながらに監督がクリント・イーストウッドだと知って二度びっくり。
(映画見る資格がない気がしてきた…)


どーでもいいけど、下も偶然ディカプリオ作品だわね。
なんだか、ものすごいファンの人みたいです…(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。