スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者 室井慎次


容疑者 室井慎次 [DVD]容疑者 室井慎次 [DVD]
(2006/04/19)
柳葉敏郎、田中麗奈 他

商品詳細を見る


2005日本 監督・脚本 君塚良一、 出演 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、
柄本明、佐野史郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁 、筧利夫、真矢みき他

「交渉人 真下正義」と同じスタイルを踏襲します。
感想→たるかった。生まれて初めて映画館で横になって映画見た。(最後列ガラガラで私しかいなかったから)
理由→恐らく交渉人とセットで緩急のメリハリを付けたかったんだろうけど、いくらなんでもゆるすぎ。
結論→踊るmovie2に並んだ。
個人的評価→TVスペシャル>TV本シリーズ>>>>>movie1>交渉人>>>>>>>>容疑者=movie2


というわけで、いやぁ…あははははは。なんかこう、苦笑しかこぼれないよ。
警視庁vs警察庁+検察庁の三つ巴の戦いは、個人的に興味ありありな題材ですが、
構造がややこしいせいか、どの作品でも真正面から触れられることが無くて寂しいと思ってました。
ところがこの映画、結局のところ、物語の核はそうした政治戦争。室井はそれに巻き込まれた…というお話。
珍しくそこを丁寧に描いてくれたというプラス面を差し引きしても、やっぱりちょっと評価は低い。
これはたぶん、私が邦画を苦手とする理由の筆頭、「長回しのまったり撮り」を多用しているせいかと。
苦手なんだよアレ。どうもダメなんだよ。疲れるんだよ。
これなら、交渉人のスピード感のほうを評価します私は。
というわけで、やけに疲れた一本でした。
で・も。
ガラガラだったのをいいことに、隣の空席に荷物積んで枕にして横になって見ていた私が、
後半ちょっと背筋を伸ばした理由は、新城管理官(筧利夫)のお陰。
自分の出世のためには切るべき男だと分かっていつつも、それがどうしても切れない新城…。
萌えです、萌え。激萌えです。しかも背広組。ちょーツボです。
というわけでこの映画、新城×室井、もしくは室井×新城という目で見れば、
これほど楽しい「やおい映画」はないと思います。映画代は損しない。いや~、萌えた萌えた(笑)。
ところで、新城×室井でしょうか? 室井×新城でしょうか?
そこだけ、どうしても結論が出せなくて困っている私です……(^^;)
(どっちもアリだと思うのよ…)
(2005.09.26)
スポンサーサイト

亡国のイージス


亡国のイージス [DVD]亡国のイージス [DVD]
(2005/12/22)
真田広之、寺尾聰 他

商品詳細を見る

2005日本 音楽トレヴァー・ラビン (もういいやこれで)

いいこと気づいた。
2倍速再生+日本語字幕で見るといい。おれ頭いい。
前半1時間、これに気づかなかったのが悔やまれる。頭悪い。
脚本、ブラッカイマーとハリウッドに渡せばいいのに。そしたら面白い映画にしてくれるのに。
すべてのボタンを一個ずつ掛け間違えてるような作品でしたのことよ。

海洋モノは大好きだから、戦艦、軍艦、潜水艦、なんでも見るのよ。
でもやっぱり邦画は私にとって地雷だったのよ。
なんで邦画って、あんなにまったりしてるんだろう…。イラつく…。
(2006.09.08)

交渉人 真下正義


交渉人 真下正義 [Blu-ray]交渉人 真下正義 [Blu-ray]
(2010/07/21)
ユースケ・サンタマリア、寺島進 他

商品詳細を見る


2005日本 制作監督出演その他もろもろいつもの踊るチーム(これはこれでひどすぎる)

感想→けっこう面白かった。1000円ならもう一回くらい見に行ってもいい。でも今年は忙しいからやっぱDVD待ち。
理由→さ、大きなスクリーンでテレビ観よーっと。……という程度の期待度なんで。ハナから。
結論→踊るmovie2よりはマシ。
個人的評価→TVスペシャル>TV本シリーズ>>>>>movie1>交渉人>>>>>>>>movie2

まぁ、今のトコこんな感じかな。
予想通り、あまり評判もよろしくないようで。
なのに興行成績だけは順調なようで。
まったく邦画の世界というのはよく分かりません(^^;)
そんな私は、ハナから邦画に対しての期待度ハードルが低いので、それなりに楽しめました。
期待度というより、こっちの鑑賞レベルの低さかな。ホントにぬるい観客なんで。
冒頭、いつものスタートレック男が出てきただけでくすっと笑えるし、司令所シーンの音楽がまるでネルフ(エヴァ)なところも、いっそギャグだと思えますし。
(とはいえ、小ネタ=しょせん内輪受けを、こうもしつこく続けられるとどうか、という気もするが)
ネット評をまわってみたら、パトレイバーのパクリだ! という声が多かったけど、残念ながらそれは見ていないので分かりません。
とにかくもう、そういうこと言っても仕方ない作品かなーと。
ここまで期待度低いと、いっそ失礼だろうというくらい何も期待してなかった。<すみません(^^;)
だからでしょうか。
本当にそれなりに面白かったんですよ。ええ。私はね。

惜しむべきはコンサートホールが絡んできたあたりから、視点が分散してしまうせいか、後半ちょっとグダグダ。
クモを主軸としていたところまでは緊迫感あってよかったんだけどな。
無駄に忙しいカメラワークが功を奏してか、ハリウッド映画みたいなスピード感が出ててよかった。
ダイハード2とかスピードとかセガールとかメルギブとか、そんな雰囲気が感じられました。
あ、これ、私的に褒め言葉ですから(笑)。
でもね…。
地下鉄内パニックシーン、本気で怖かったんですけど…(T_T) というか、一瞬マジで涙出た。
乗客を背後にかばって「ぶつかるーっ!」と叫ぶ車掌さん(台詞うろ覚え)。←このシーンで泣きそうになった
緊急待避した車両基地手前で、最後尾車両との角を接触させながらカーブしてゆく車体。飛び散る火花。
線路上の担架に黄色い毛布。救急隊員に搬送されてゆく乗客…。
どうしても時期的に例の脱線事故を思い出してしまいます。
あまつさえエンドロールに「撮影協力・JR西日本」ってアンタ…(汗)。
これ、公開時期をずらすべきだったんじゃないかマジに? 問題ないのか? 問題になってないのか???
そんな部分が、「それなりに楽しかったよ♪」と広言できないマイナス要因となりそうです。
こんなところでナンですが、あの事故の犠牲になった方々に心よりお悔やみ申し上げます。

まぁ、これにグダグダ書いても仕方ないか。簡潔にいくか。
え~と、音楽はそれなりに良し。役者もいいんじゃないの? よく知らないけど。
カメラワークはどうなの? 私は好きだけど賛否両論ありそうな感じ。
とにかく前半、クモを追っている間の緊迫感は良し。
コンサートホールエピソードが絡んできたあたりから、もともと破綻しまくっている脚本がさらに崩壊。
いくらフィクションだギャグだと自分をなだめたところで、どうしたって粗は見える。
そこをグッとガマンするのがこのシリーズと付き合うコツか?
楽しむところは楽しんで、目をつむるところはつむる。…って、いいのか? こんな鑑賞法で?(汗)
なんで地下鉄線路内で携帯通じるの? 中継基地まで自前で設置したのか犯人? わき線にまで?
犯人が送ってきたケーキ普通に食ってんなよ。鑑識にまわせよ鑑識に。
てゆーか司令所に真下チームだけってどーよ。本庁職員こいよ。犯人なんで雪乃のシートナンバー知ってんの?
シンバルの波形でバクダン起動ってそれむちゃくちゃですね。当日どのシンバル使うか犯人分かってんの?
(シンバルは単一音階楽器なんで、それぞれの楽器によって波形が違う)
つーかあのコンサートプログラムの組み立て、ありえないから。何時間コンサートですかオイ。
というように、ツッコミどころ満載。キリがない(笑)。
これはさらに超個人的な感想だけど、六本木ヒルズや恵比寿ガーデンプレイスあたりの風景を映したあと、カメラを引くと、コンサートホール外観は恐らくどこかの地方都市のもの。そこを入ると中は有楽町の国際フォーラムAホール。なのに字幕には「新宿シンフォニーホール」。
なんかもー混乱するんですけど(笑)。映画やテレビではよくあることなので、いちいちつっこんでも仕方ないんだけど、今回はことさら混乱したわ(^^;) わかっていても気持ち悪かったわ(^^;) 的はずれに笑いがこみ上げてしまうわ(^^;)

……って、ぜんぜん簡潔になりませんよ。困りましたよ。
いずれにせよ最大のダメ出しは、

交 渉 人 が 交 渉 し て な い

この一点につきるのではないかと(笑)。
あと、犯人が明確になっていないところも気持ち悪いかな。
でもこれはきっと次の、「容疑者 室井慎次」につながるんですよね? ね? ね?
そうでないと怒るよ、いくらなんでも。信じてるよ。頼むよ。(信じてバカを見そうな気もするが)
中盤から鼻につき始めてきたユースケの棒読み演技にもガマンして耐えたんですから、
8月には是非、何かしらのカタルシスが欲しいものです。

こんなに文句ばかり言ってて「楽しかった」とか言ってる私はなんなんでしょう?
まぁ「ナショトレ系映画」ということなのかな。
「あー馬鹿馬鹿しかった!(笑) さ、もっかい見よう!(笑)」。
このノリかな?(笑)
ちなみに893っぽい木島刑事と一緒に行動している刑事の若い方。
妹の親友の旦那さんの親友です。よかったら応援してあげて下さい。
(というように日本芸能界は夢見れないからヤなんだよ! いや、微妙に遠い人だけどさ!)
ちなみに一番笑ったのは「九段下、封鎖できません!」。
九段下ってとこが地味すぎておかしい。九段下すら封鎖できないのか(笑)。
そんなことを思いながら、都営新宿線で九段下を通って帰りました(笑)。
(2005.05.17)

陰陽師1&2


陰陽師 [DVD]陰陽師 [DVD]
(2002/05/21)
野村萬斎、伊藤英明 他

商品詳細を見る


2001、2003日本 監督・滝田洋二郎 原作・夢枕獏 
出演・野村萬斎、伊東英明、真田広之(1)、中井貴一(2)他

えー、「1」は5回見に行きました。大好きです。初めて萬斎=晴明を見た時は「ちょっと、朗らかすぎじゃねーか?」とか思ったりもしましたが、映画中盤では気にならなくなりましたし、今では「萬斎の晴明」として、あれはあれでいいと思ってます。
真田広之の演技も素晴らしかった。「1」で気になるのは、まるで学芸会のようなチャチい美術(セット)くらいでしょーか。いや、部分的にですが。
アイドルの起用に関しては、とりあえずパス。語ることなし。脳内スルーしておく(ひど!)。
とにかくまずは、映像で見れた「晴明」に満足しましたねー。
それとやっぱり萬斎さん、狂言師だけあって、動きが綺麗ー♪ すすす、と走って行く時に肩の線が上下動しないのは、マジにすごいと思った。
その動きの綺麗さは「2」においても発揮されてるんだけど、ただちょっと、「2」に関しては、それを売りにしすぎな感も…(^^;) 
たしかに綺麗でお色気たっぷりの彼をスクリーンいっぱい堪能できるのはいいんだけど、なんつーのかこう、やりすぎ? あまりにも「これでもか、これでもか」とやられると、逆に萎えるってばさ。乙女はわがままね(誰が乙女やねん)。
とりあえず友達から「どうだった?」と聞かれた時には「うん、萬斎が満載だったよ」と答えました。
べつにギャグではないんですが、「おまえはコボちゃんからギャグを勉強しなおせ!」と言われました。
掲載紙の記者さんからは「朝夕セットでご購読ください」と勧められました。…と、話がずれました(汗)。

そんな感じの「2」ですが、なんとなく不思議な感想を抱いてます。きっぱり「面白くなかった」と言い切るのには抵抗あるし、かといって「面白かったよー」と言うのもちょっと…という感じ。
べつに脚本は悪くないと思います。さすが夢枕氏が作っているだけあって、ストーリーの起承転結に混乱はないし、伏線もきちんと拾いきっている。よく書けてます(うわ、偉そう)。
とくにああいう「神話を題材としたオカルティックなジャパニーズファンタジー」は、日本のオタクだったら、もう何度も何度も何度も読んでるはずの、慣れてる展開だから、納得しやすいしね。
……じゃ何が悪いかというと、う~ん、テンポなのかなぁ…? 
なんか見ていてものすごく疲れた。上映中、3回くらい腕時計見ちゃった。
まだ終わらないのかなー、って。先が読めすぎたんだろうか。とてもマンガ的なお話で、先に述べたとおり、何度も何度も何度も読んできた展開だからなぁ。
あ、あとそれと、普通に「魔法」が存在しすぎな点が萎えた。有り難みというか、特殊性がなさすぎ。
おいおい、いくらファンタジー創作とはいえ、一応過去の日本だろ? 人が空飛んだら少しは驚けよ、巻物宙に浮いてたら不思議がれよ、とか思ってしまった。ファンタジーと現実(歴史)の境界線が曖昧。
最初に「この世界でのお約束はこうですよ」という、明確な線引きが欲しかった気がする。
そう考えるとやっぱり「ハリーポッター」は上手いんだろうな。9と3/4番線という境界線を作ることによって、魔法世界の存在を明確にしてる。そして現代のロンドンにそれが持ち込まれる展開にも無理がない。
最初にきちんと線を引いてくれているからこそ「越境」が納得出来る、……と言うのは簡単だが、やる(書く)のは大変なんだよね(^^;) はい、わかってます。自分には出来ません。ごめんなさい監督さん。
でもいーの。私、金払って見てるただの観客だからー(笑)。
あ、でもパンフレットすら買わなかったんだよね今回。前回は写真集まで買ったけど。
今回、萬斎の掛け軸(1500円)は欲しかったな(でも買わなかった。ダメじゃん)。
とりあえずDVDが出たら、もう一回、じっくり見てみようかな。映画館から出た直後は疲れ切ってたんで、「まぁ、テレビで放映してたら、ゴハン食べながら見るかもね」とか暴言吐いてたけど。

あ、博雅→晴明のプロポーズシーンはステキでしたね。ホラあの天の岩戸まで一緒に行く行かないでもめてたとこ。 え? あれってプロポーズでしょ? 私なんか違う映画見ました?(笑)

踊る大捜査線


踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)
(2005/11/25)
織田裕二、柳葉敏郎 他

商品詳細を見る

プロデュース・亀山千広 脚本・君塚良一 
出演・織田祐二、柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介、ユースケ・サンタマリア他

まぁ、今さらどうこういう映画じゃないかと(笑)。かなりの方が見ていると思うので細かいことは省略。もちろん私も大好きです。
普段テレビドラマをまったく見ない私がこの作品を見たきっかけは、自分が刑事物の小説を書いたから。サクラダの紋章シリーズね。担当さんから、一応見ておいたほうがいいですよ、と言われたんだよね。ただ、こっちを先に見ちゃうと何か影響されてしまうのが怖かったから、1巻目を書き上げてから、レンタルビデオで一気見。
……いやぁ、先に見なくてよかった。面白かった。きっとこれ先見てたら、もう自分では書かなくていいやと思ってしまっただろうな(笑)。
私は父親が警察関係者だということもあって、子供の頃から警察世界にはなじみ深いんだけど、だからこそ感情移入しやすいし、とくにテレビシリーズの最後のエピソードには泣けるんだよね。
ホラあの青島が雨の中地面に這いつくばって、真下を撃った銃弾を探すシーンとか。
おまわりさんて、本当に仲間意識が強いしね。でも現実のおまわりさんたちには、この作品ちょっと不評で悲しい。不評といっても、主に父親のまわりにいる人たちの反応だから年寄りすぎなのかも。
俺たちはこんなにふざけた仕事してないぞ! というのが怒りの理由らしい。
リアル現場の意見は厳しい…(^^;)

ムービー1は、ぎりぎりで好きでした。ムービー2は……ちょっと微妙(^^;) 
シリーズを熟知している人にとっては、内輪受けみたいなネタリンクが満載で、そういうところも楽しいだろうけど、でも厳しく「一本の映画」として見た場合、ちょっと消化不良な点が多すぎる気がした。消化不良というより、そもそもよくばって詰め込みすぎ?
真矢みきの使い方がもったいない。事件も複数立てすぎ。結局、印象が散漫になっただけじゃん。
何を主軸に追っていいのかわからんあれじゃ。あと岡村いらない。
……って、すげー暴言だらけ。すみません(汗)。
でも好きなんです、大好きなんです。本当です(^^;)
とりあえずこのシリーズは、テレビスペシャルくらいがちょうどいいのでは、と思います、はい。
(じつは密かに、青島×室井話を書きたいと思ってたりもする…・笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。